• HOME
  • 最新情報
  • 映画「アンナプルナ南壁 7,400mの男たち」公開

ページの先頭へ戻る

映画「アンナプルナ南壁 7,400mの男たち」公開

投稿日:
2014.05.13


一人の男を救うため、世界の登山家が集結。"生きること"を感じる感動のドキュメンタリー

「アンナプルナ南壁 7,400mの男たち」が2014年9月27日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかで公開になります。
これは、一人の男を救うために、世界10カ国の登山家が集結した。"生きること"を感じる感動のドキュメンタリーです。
この時サポートアスリートのウーリー・ステックも自らの登山計画を中止し、いち早く救助にかけつけています。

"キラー・マウンテン"と呼ばれるアンナプルナ。世界で最も危険な山として知られ、登山者の40%近くが命を落としている・・・。スペイン人登山家のイナキは、2008年の5月この山の南壁に挑んだ・・・。

ヒマラヤ山脈のアンナプルナ南壁は、世界で最も危険なルートと言われる。山頂まで8,000メートルの道程の中、標高7,500メートル地点で7キロも続く尾根を横断しなければならない。2008年5月、スペインのベテラン登山家イナキ・オチョア・デ・オルツァが、その尾根を横断中に高山病に襲われるという危機的な状況に陥り、同行者のホリアがSOSを発した。その時、報を受けた世界10ヶ国の12人の登山家たちは、自らの死をも覚悟するほどの危険な場所への救出活動に出向いたのだった。

──それから数年後、カメラは、この救出活動に参加した12人を世界各国に訪ね、当時の貴重な映像を織り交ぜながら、前代未聞の救出活動を振り返る。そこには、山で命の駆け引きをする登山家たちのゆるぎなき信念とともに、心を揺さぶるほどの生命の尊さが息づいていた。

本作は一人のベテラン登山家の危機に、命を顧みず救助に向かった世界各国の著名な登山家たちを訪ね、山で命の駆け引きをする彼らの真実の言葉(メッセージ)を記録した感動のドキュメンタリー映画です。

映画「アンナプルナ南壁 ―7,400mの男たち―」公式サイト

http://www.7400-movie.com/

こんな記事も読まれています

バックパック【容量×用途別】チャートマップ

投稿日:2016.11.15


カスタマーサービス
マウンテンハードウェアについて
メールマガジン購読